シルクスカーフ「水月」suigetsu | 【祐斎オンラインショップ】夢こうろ染・手染め手ぬぐい

1/4

シルクスカーフ「水月」suigetsu

¥ 30,800 税込

※この商品は最短で3月6日(土)頃にお届けします。

¥ 35,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

「水月」-水に映った月-
夢こうろ染(紺色部分が赤紫色に変化)
シルク100%
サイズ 約90cm×180cm

商品をアプリでお気に入り

- 夢こうろ染について -

夢こうろ染(ゆめこうろぞめ)の源は、日本最高位の染「黄櫨染(こうろぜん)の御袍(ごほう)」にあります。平安時代初期の820年、時の嵯峨天皇の詔により、黄櫨染は即位の大礼や大嘗祭など重要な儀式の際に天皇だけが着用できる第一礼装となった。以来1200年の長きにわたり、最も厳格な絶対禁色と定められております。天皇側近以外の目に触れる機会がなく、正確な染色法も一般には知られてなかった事から「幻の染」と呼ばれております。

その特徴は、太陽光によって装束が二つの色に変化する事です。
「太陽を宿す染」といわれ、装束表面に太陽光が当たると、渋い茶色が金茶色に。
また、装束の内側まで太陽光が透過する事で、内側が日本の太陽を象徴する「紅色」に変色する事です。

1992年、奥田祐斎が歴代天皇の黄櫨染を調査・研究する機会を得、その謎を解き明かして現代に再現。新たな色変化バリエーションを加えた染色技法を「夢こうろ染」(ゆめこうろぞめ)と名付ける。
平安期に始まり1200年以上の時をかけて発展してきた日本の国風文化独自の染色技術は1992年の発表以来、日本独自の染色技術として世界中で多くの人の目を驚かせ国内のみならずヨーロッパ、アジア諸国で高い評価を受けるに至っております。
2008年、ルーヴル宮内パリ装飾美術館にて作品展示、高い評価を得ています。

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 30,800 税込





最近チェックした商品